LUCKAND GALLERY, CAFÉ & BAR

EXHIBITION

2019.10.05 SAT - 2019.10.05 SAT

ハービー・山口氏トークイベント「ミュージシャンを撮る」(松本紀子写真展にて)

出演者

ハービー・山口(写真家)
松本紀子

 

概要

写真家・松本紀子による、息子をモデルにした山崎まさよし全CDジャケット完コピ写真展。この写真展内のイベントとして、大学卒業後にロンドンで過ごしながら写真家として活動し、帰国後は福山雅治や山崎まさよしなど国内アーティストを数々撮影してきたハービー・山口氏を迎えたトークイベントの開催が決定した。

 

山崎まさよしにとって、プロカメラマンによる初のアーティスト写真を撮影したのが、ハービー・山口氏。その後、山崎まさよしの撮影を重ね、山崎まさよしの音楽に多大な影響を与えたブルースの故郷・アメリカはミシシッピに二人で訪れるなど親交が深い。2000年には、コラボレート写真集「bridge22」を発表している。

 

そんなハービー・山口氏に、山崎まさよしの全ジャケットを息子で完コピした写真展を開催する松本紀子が、「ミュージシャンを撮る」というテーマで話を訊くトークイベントとなっている。

 

会期

■2019年10月5日(土)
OPEN : 12:30 / START : 13:00(約1時間を予定)
*入場無料(ワンオーダー制)
*事前予約制

 

申込方法

メールにて先着順(定員:25名)で予約を受け付けます。件名に「ハービー・山口氏トークイベント予約」、内容に「日程・お名前・人数」をご記入ください。

 

メールアドレス:nm@norikomatsumoto.com

 

*ご予約が確定しましたら、同メールアドレスより返信いたします。
*予約のキャンセルはできません。確実にお越しいただける方のみ、お申し込みをお願いしております。少ない席数ですので、ご協力お願い致します。どうしても急病、急用などでお越しになれない際はご連絡ください。
*メールアドレスは上記のメールアドレスより返信いたします。メールがはじかれてしまった場合は当選が無効となりますので、ご注意ください。
*当イベントでは、店内レイアウトが変わるため一部展示作品を見られない場合がございます。展示はイベント終了後か、その他会期中にゆっくりご覧ください。

 

プロフィール

【ハービー・山口】
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。
一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。
帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。
多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。 その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。
写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティーなど。 
審査員歴:CAPA 、デジタルカメラマガジン、 APAアワード、JPS、ニコン、キヤノン、フジフイルムなど。
選考委員歴:上野彦馬賞。
受賞歴:2011年度日本写真協会賞作家賞。
現在大阪芸術大学客員教授および九州産業大学客員教授。

http://www.herbie-yamaguchi.com/

 

【松本紀子(まつもとのりこ)】
フォトグラファー・ライター
岡山県生まれ、岡山県在住。京都外国語大学イスパニア語学科卒業。
主に雑誌・広告・家族写真に携わる。2018年6月初の作品集「そのかわり その代わりに」をリトルプレスで発刊。
ライフワークとしてミュージシャン山崎まさよし氏の20年以上のファンで、楽曲からインスピレーションを受けて制作した作品をSNS・個展で発表。2018年11月には、山口・広島でのコンサート会場で写真展示が実現。
http://norikomatsumoto.com/